医療脱毛が痛い理由

ムダ毛について考える女性
しっかりした脱毛をするのなら医療脱毛がオススメです。
実際、医療脱毛が可能なところも増大してきましたが、悩んでいる人の中には「医療脱毛は痛い」という事に引っかかっている人が多々ある様です。

医療脱毛は脱毛箇所によってもかなり痛いという話もちらほら聞きます。

では、何故痛いのでしょうか?医療脱毛では、黒い色素にだけ反応するレーザーを使用していて、このレーザーで、黒い毛根のところを熱によって破壊して毛を脱毛させています。

肌が痛いと感じるので火傷の悩ましいなどをする人もいますが、断っておきますが黒い毛根ところを照射するだけであり、そのときの刺激が皮膚に影響して痛さを感じます。

医療脱毛に使用される機器には、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどがあり、中では古くから使用されているアレキサンドライトレーザーが最高苦痛があると言われています。

なおどこの脱毛が痛いのかと言えば、わかりやすく言えば、黒が多くある毛の太くて濃い位置と言えます。

毛が多々ある位置ほどレーザーの熱が発するためにその分皮膚も痛く感じます。

従って、脱毛する毛が少なくなってくれば、次第に苦しみも無くなってくるという事です。

苦しみをできるだけ減らすためには、クリニックによっては麻酔をしてくれるところもありますが、セルフで可能な事は、肌をちゃんと保湿しておく事、先にエステ脱毛しておく事などです。

痛さに弱い人は前もってに充分に折衝をしておく事、他にも生理中などの具合がすぐれない時は可能なだけ避ける様にしましょう。

wt_admin201711